横浜FM、J1完封新記録狙う名古屋と対戦 マスカット監督「生ぬるい気持ちでは止まってしまう」

横浜FM・マスカット監督
横浜FM・マスカット監督

 横浜FMは14日、18日の名古屋戦(豊田ス)に向けて神奈川県内で約1時間半トレーニングを行った。

 今季リーグ最多の得点数を誇る横浜FMと、J1新記録となる今シーズン19度目の完封試合を目指す名古屋が激突する。8月のホームゲームでは2―0と完勝。しかしマスカット監督は「ブロックを引くチームは簡単ではない。また違ったゲームになる」と気を引き締めた。14日に名古屋はアジアチャンピオンズリーグ(ACL)で8強をかけた戦いを控えており、日程的にはアドバンテージ。敵地での白星を見据え、「相手を尊重しつつ、まずは自分たちの良さをどれだけ伸ばせるか」と準備を進めている。

 勝ち点1差の首位・川崎より消化数が1試合多いが、今節の結果次第では暫定首位に立つ可能性もある。そうした状況にも、「流れを続けるうえで大事にするのは信じる気持ち。特別な瞬間を求めるには、生ぬるい気持ちでは止まってしまう」と、チーム一丸となり目の前の一戦に集中を高めていく重要性を説いた。

 DF畠中槙之輔、DF平井駿助はクラブから負傷離脱の発表済み。この日は10日の練習で負傷したDFチアゴマルチンスの他、11日の広島戦に出場したFW仲川輝人、13日の練習で違和感のあったMF天野純が別メニューだった。DF小池龍太は一部別調整。それでもジョギングする姿は見られており、指揮官は「動けているので、大きな問題はない」と長期的な離脱にはならないことを説明した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請