南こうせつ、2年半ぶりニューアルバム「夜明けの風」発売 ライブで会えないファンに明日へのメッセージ

南こうせつ「夜明けの風」
南こうせつ「夜明けの風」

 歌手・南こうせつ(72)が9月8日に約2年半ぶりとなるオリジナルアルバム「夜明けの風」をリリースした。新型コロナウイルスの影響でコンサート活動などが大幅に制限される中、これまでの自身の活動を振り返り、自分と向き合うことで生まれた表題曲をきっかけにアルバム制作が実現。「こんな困難な中でも、歌を作ってCDを出した。〝南こうせつは歌手として生きてるぞ!〟ってことを一番、伝えたかったんです」とライブ会場で直接、触れ合うことのできないファンへメッセージを送った。

 終わりの見えないコロナ禍でコンサートが次々と延期、中止に。デビューして50年超、こんなに休みが続くのは初めての経験だった。「朝起きて、顔を洗って、歯を磨いて、ご飯を食べて、さて何をやろうかと庭に出て草を刈って、木の剪定(せんてい)をして、あるいは畑の手入れをして…。そしたら夕方になって、ああ1日が終わった」そんな日々の繰り返しの中、たっぷりある時間で何度も自分の歩んできた道に思いを巡らせた。

 「この職業に流れていった経緯。音楽で生業(なりわい)を立てて、色んなアルバムを出して、共感してくれた人たちがコンサートに来てくれて、今でも現役でいられる」これからも続くその道の途中で一度、立ち止まった時、ふと手に取ったギターからメロディーが生まれ、「夜明けの風」ができた。

 再開された数少ないコンサートで披露すると、ファンから「癒される」「慰めてくれる」と多くの熱い反響を受けた。ならば「1曲でもいいからレコーディングしよう」と動き出した過程で、作詞家・岡本おさみ氏から昔もらった詩が書棚から出てきて、これに曲を付け「プライベート・ソングⅡ」が完成。自身のミュージシャン人生を育代夫人とともにつづった「歌うたいのブルース」、五木ひろしに書き下ろした曲をセルフカバーした「ぽつんとひとりきり」、バックバンドのリーダー河合徹三が作曲した「がんばってみようか」と全5曲がそろい、今だからこそのアルバムが出来上がった。

 表題曲「夜明けの風」はコロナ禍で苦しむ人たちに「さあ、太陽に向かって走ろう!」と無理に背中を押すのではなく、「いつか晴れる日を信じて 今をひたすら生きるだけ」とそっと寄り添うような1曲。「現実は厳しいし、本当に夜明けの風が吹くのか、と言われたら科学的に証明もできません。それでも人間は不思議な生き物で、心や魂があるから声に出したり、文字にすると、インプットされてその気になってくる。それが明日を生きる力を与えるんです」

 南は今回「やっぱり僕はライブ人間だと改めて実感した」という。1992年から毎年、日比谷野外音楽堂で開催してきたコンサート「グリーンパラダイス」も昨年こそ年末に「LINE CUBE SHIBUYA」(渋谷公会堂)で代替開催したが、今年はついに中止となり29年連続で途切れた。しかし、来年こそ節目の第30回の開催に向けて準備を進めている。コロナ禍で一度、立ち止まった南が、このアルバムをきっかけに再び力強く歩き出す。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請