フリーアナが語るステイホーム 高橋真麻はピアノ特訓、小島奈津子は漢字検定準1級合格

小島奈津子(左)と高橋真麻
小島奈津子(左)と高橋真麻

 フリーアナウンサーの小島奈津子(53)、高橋真麻(39)が14日、東京・青山グランドホールで新しい分譲マンションプロジェクト「ウェルビーイングシティ構想」発表会見にゲスト出席した。

 同構想では、高水準の健康、介護サポートなどの支援を整えたマンション「CANVAS南大沢」を分譲する予定。

 ともに元フジテレビアナウンサーである2人は、小島が2002年に退社、真麻が04年に入社と入れ違いだが意気投合した。

 コロナ禍ではまったものを問われた真麻は「将来、娘が童謡を歌う伴奏をしたいとピアノを習い始めました」と告白。既に6、7曲をマスターし「ステイホームじゃなかったら三日坊主で終わっていたかも…」と感謝した。「(先生に教えてもらうのが)本当に難しくって。職業病なのか、過剰にリアクションをとってしまって、夫に『うるさい!』と怒られています」と明かした。

 高校生の娘を持つ小島は、漢字検定を受けたという。「娘が休み中に漢字検定を受けなきゃいけなくて。(テキストを)見たら読めない漢字があって絶望感で悔しくなって一緒に勉強した」と一念発起。昨年は2級、今年は準1級に一発合格したことを明かし「(受験勉強の)4か月は家事は最低限だったけど、前向きになれた」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請