「おかえりモネ」15日の第88話…大型台風接近 百音は効果的な伝え方を思いつく

「おかえりモネ」第88話の一場面(C)NHK
「おかえりモネ」第88話の一場面(C)NHK
「おかえりモネ」第88話の一場面(C)NHK
「おかえりモネ」第88話の一場面(C)NHK

 女優の清原果耶が主演するNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜・午前8時)の第88話が、15日に放送される。

 大型台風12号の発生により、百音(清原)たちは対応に追われていた。日本列島への上陸3日前に気象庁の記者会見が行われるなど異例の事態となっていた。百音たちの番組も台風報道に切り替わるが、外はまだ雨も風もない。しかし、数日後には大雨が降ることを予測している百音たち。起きていないことに対して危機感を抱いてもらうためには、どうしたらいいのか。百音は、ある効果的な伝え方を思いつく。

 「おかえりモネ」は清原演じるヒロイン・永浦百音が、宮城県の気仙沼市で生まれ育ち、気象予報士として成長していく姿を描く。

「おかえりモネ」第88話の一場面(C)NHK
「おかえりモネ」第88話の一場面(C)NHK
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請