加藤一二三九段が断言 藤井聡太三冠は「本心では八冠達成を目標にしています」

坂上忍
坂上忍

 14日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜・午前11時55分)では、将棋の藤井聡太二冠=王位、棋聖=が13日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第6期叡王(えいおう)戦五番勝負の最終第5局で豊島将之叡王=竜王=に111手で勝ち、通算3勝2敗で叡王のタイトルを獲得。最年少の三冠となった快挙を冒頭で特集した。

 この日の番組には加藤一二三九段が用意された盤面を見ながら「藤井三冠の103手目。9七桂が勝負の決め手だった」などと解説した上で今後について「具体的には10月から豊島さんと竜王戦という大きなタイトル戦がありますから、まずは直近で竜王になる可能性があります」とコメント。

 さらに「今回、三冠だけど、比較すると、オリンピックで金メダルを3個獲ったということ。本音で言うと、彼は八冠達成を狙ってますね」と続けた加藤九段。

 MCの坂上忍が「狙ってますかね?」と聞くと、「僕は伝え聞きました」と加藤九段。「彼は自分は記録を意識しないなんて言ってますけど、彼の本心は八冠達成を目標にしています」と続けていた。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請