たけし襲撃事件で思い出した24年前のベネチアの夜…北野映画とのシンクロと暴力描写の持つ意味

11日放送の「新・情報7daysニュースキャスター」で自身の襲撃事件について語ったビートたけし
11日放送の「新・情報7daysニュースキャスター」で自身の襲撃事件について語ったビートたけし

 天才的クリエイターは未来に自身の身に起こる運命までも予見するのか―。思わず、そんなことを考えさせられた襲撃事件だった。

 今月4日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜・午後10時)生出演直後に40代の男につるはしで襲撃されたタレント・ビートたけし(74)が1週間後の同番組で事件の顛末を振り返った。

 番組冒頭、安住紳一郎アナウンサー(48)に事件について聞かれると「しゃべりたいこと満載なんだけど、警視庁の方でとにかく捜査に影響あるので黙っててくれっていう。漫才師なのに何もしゃべれないという結構、つらい立場で暴力を2回受けたみたいですよ」とコメント。

 「ガラスがボンボン、ボンボン飛んできて…。よくある映画のワンシーンみたいな感じだったね。実際にアメリカのアクション映画で見るとの同じような感じ。怖いですよ。分からないんだけど、十何発? 時間が飛んでるんだよね。くたばる瞬間は長く感じるとか言うじゃない?」と詳細に、率直に振り返った。

 事件は4日午後11時40分頃発生。たけしが乗った車が東京・赤坂のTBS敷地内で襲われ、フロントガラスなどが破損した。たけしは後部座席に乗車。車のガラスには銃弾痕のようなヒビが入った。

 自身の耳を指しながら「切れていたんだけど、1週間たって治った。あと、ぎっくり腰になっちゃって。中でのたうち回ったから、逃げるのに。そんなの後でしか気づかないもんね」と話す、たけしの「アクション映画みたいな感じ」と言う言葉。多くの北野映画ファンはあの作品の、あのシーンを思い浮かべただろう。

 1989年公開の「その男、凶暴につき」。深作欣二監督の降板で急きょメガホンを取った監督デビュー作は斬新なカメラワークと暴力描写で処女作にして、映画監督・北野武の才能のきらめきを映画界に知らしめたが、この作品の中盤に今回の事件と酷似したシーンが存在する。

 たけし演じる刑事・我妻は相棒の後輩とともに薬物事件容疑者宅の捜索に向かうが、この男がケタ外れに凶暴だった。先に現場に到着した強面の刑事コンビをボコボコにすると、我妻の同僚も子どもから奪った金属バットで一撃。そのまま裸足で逃げ続ける男を我妻らは車で追跡するが、男が金属バットで向かってくると、我妻はそのまま前進。はね飛ばしてしまう。

 「はねちゃうことないじゃないですか~?」とつぶやく後輩刑事。その瞬間、その頭を押さえて我妻が伏せると、血まみれの男がフロントガラスを金属バットでメッタ打ち。飛び散ったガラスを頭から浴びた我妻はもう一度、アクセルを踏み、男をはね飛ばすという印象的なシーンだった。

 32年後の襲撃事件を予見したようなワンシーンを思い出すと同時に私の記憶は24年前のイタリア・ベネチアの街角に飛んでいた。

 97年9月、映画担当記者だったため北野武監督を追いかけて、イタリア・ベネチアのリド島入り。世界3大映画祭の一つ、第54回ベネチア国際映画祭で「HANA―BI」が日本映画40年ぶりとなる最高賞・レオーネドール(金獅子賞)に輝く快挙を成し遂げた瞬間に幸運にも立ち合うことができた。

11日放送の「新・情報7daysニュースキャスター」で自身の襲撃事件について語ったビートたけし
1997年、ベネチア映画祭での「HANA―BI」公式上映に向かう北野武監督(カメラ・中村 健吾)
すべての写真を見る 2枚
1 2

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請