玉川徹氏、音楽フェス感染者44人まで拡大に「何をやっちゃダメなのかを説明しないと分からないのかな?」

東京・六本木のテレビ朝日
東京・六本木のテレビ朝日

 14日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)では、8月29日に開催された愛知県常滑市での野外音楽フェス「NAMIMONOGATARI2021」で密集状態でマスクをせず大声を出し、酒類の提供までした“暴走”の末、44人まで感染者が拡大。参加者からの初の家庭内感染まで確認されたことを特集した。

 コメンテーターで出演の同局・玉川徹氏は「まあ、こうなるんでしょうね」とまずポツリ。

 「イベント単体で見れば、どういう風にして新型コロナという病気が広がるかと考えれば、何をやっていいのか、何をやっちゃダメなのかをちゃんと説明しないと分からないのかな?」と疑問を呈した上で「例えば、クラシックのコンサートを外でやって、みんなマスクをして静かに聞いているという状況だったら、まあ、感染は起きにくいだろうなとは思います。だけど、お酒飲んで解放感がある中でマスク無しで大声出して、こうやっていたら、そりゃ感染した人が隣にいたらどんどん、うつっちゃうだろうなというのは分かるだろうと思うけど…」と続けた。

 その上で「映画館なんて、換気がきちんと行われていると聞きますし、マスクとあまり大声を出したり、ふざけたりしないと言うのは必須条件でしょうね。静かに見ている分には外だったら、まあ、大丈夫じゃないですかね。マスクをしていたら」と話していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請