ゲレロが最近9試合で6発目の45号 大谷翔平を抜き6月27日以来のホームランダービー単独トップ

ゲレロ(ロイター)
ゲレロ(ロイター)

◆米大リーグ ブルージェイズーレイズ(13日・トロント=ロジャーズ・センター)

 ブルージェイズのブラディミール・ゲレロ内野手が13日(日本時間14日)、本拠地のレイズ戦で「3番・一塁」で先発出場し、2試合連続の45号を放って、44本でトップだった大谷翔平(エンゼルス)をついに抜いた。

 3打席ノーヒットで迎えた6回1死無走者、左腕コンリーの内角低めの155キロをすくい上げて左翼ポール際にたたき込んだ。ゲレロがホームランダービー単独トップとなるのは6月27日以来。

 ゲレロは9月6日以降の9試合で6本目と再びエンジンがかかってきており、打率も首位に返り咲くなど、三冠王の可能性が出てきた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請