尾車親方、照ノ富士相手に何もできなかった豊昇龍に苦言 叔父・朝青龍のワイルドさ見習え

スポーツ報知
照ノ富士(奥)に寄り倒しで敗れた豊昇龍(カメラ・関口 俊明)

◆大相撲秋場所2日目 〇照ノ富士(寄り倒し)豊昇龍●(13日、東京・両国国技館)

 照ノ富士が、綱の貫禄で若手ホープの挑戦をはね返した。結びの一番で迎えたのは、モンゴルの後輩でもある新進気鋭の22歳、豊昇龍。初日に大関・正代を破った相手が立ち合い右に動いて右差しも、冷静に対応。下手投げもこらえると、左の上手で振って最後は豪快に寄り倒した。

***

 豊昇龍は照ノ富士の左上手を警戒したのだろう。立ち合いで右に動いた。しかし、右下手を取ったにもかかわらず、下手投げしか攻め手が見つからなかった。逆に照ノ富士の、前への圧力に防戦一方。最後は外四つ気味に胸を合わされて寄り倒されてしまった。何もできなかったといってもいいだろう。小さい力士は大きな相撲に弱い。その典型的な例でもあった。

 豊昇龍としたら右下手を取った時に左前まわしも取りたかった。照ノ富士のへその下ぐらいが理想。照ノ富士の左半身と相撲を取るんだ、という感覚で腰に食らいついて攻めたかった。

 叔父さんの元横綱・朝青龍には立ち合いからの圧力や突っ張りなどがあったから、大きく伸びることができた。豊昇龍の下半身の強さは角界でもピカイチだろう。だが、中に潜ってからの投げ技だけでは“しぶとい力士”で終わってしまう。叔父さんのような激しさ、荒々しさも必要。そこは見習うべきところだ。(尾車親方=元大関・琴風、スポーツ報知評論家)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請