【社会人野球】来年ドラフト候補の大阪ガス・河野佳が9回途中2失点の好投 都市対抗大会出場に王手

大阪ガスの河野佳は9回途中まで2失点と好投
大阪ガスの河野佳は9回途中まで2失点と好投

◆都市対抗野球大会近畿地区第2次予選準決勝 大阪ガス4―2NTT西日本(13日・わかさスタジアム京都)

 大阪ガス(大阪市)が都市対抗大会(11月28日~12月9日・東京D)出場に王手を懸けた。広陵高(広島)で2度甲子園に出場した河野佳投手が、8回2/3で4安打2失点と好投した。

 高卒2年目の右腕は、自己最速まで3キロに迫る148キロの直球とカットボールを交え、プロ注目の藤井健平右翼手と野村勇遊撃手をともに無安打に封じた。9回に2失点し、公式戦での連続無失点が35イニングでストップ。「(無失点は)意識していた」と苦笑いを浮かべた。それでも「要所要所で制球ミスなく、打たれたらいけない場面で三振を取れたのが大きかった」と、先発の役割を果たした。

 優勝した7月の日本選手権では4試合、計19回を無失点に抑え、最高殊勲選手賞に輝いた。来年のドラフト候補は、2冠への挑戦権獲得に貢献する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請