新横綱・照ノ富士が三役以上で唯一連勝発進…カド番大関・貴景勝は連敗

スポーツ報知
豊昇龍(右)を寄り倒す照ノ富士

◆大相撲秋場所2日目(13日、東京・両国国技館)

 新横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)は、幕内・豊昇龍(立浪)の横綱初挑戦を寄り倒しで退け、連勝発進。2日目にして三役以上では唯一全勝とした。カド番大関・貴景勝(常盤山)は、平幕の霧馬山(陸奥)に押し出しで敗れ、連敗スタート。今場所負け越せば、大関陥落となる。

 大関・正代(時津風)は、小結・高安(田子ノ浦)を押し出しで下し、初日。新関脇・明生(立浪)は、幕内・隆の勝(常盤山)に押し倒しで敗れて、連敗を喫した。

 3日目は照ノ富士が隆の勝、貴景勝は小結・逸ノ城(湊)、正代は平幕の北勝富士(八角)との一番が組まれた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請