双子の岩井姉妹がヨネックスと用具使用契約 明愛「信頼できるクラブ」千怜「一緒に戦えてうれしい」

姉の明愛(左)と妹の千怜=写真はヨネックス提供=
姉の明愛(左)と妹の千怜=写真はヨネックス提供=

 スポーツ用品メーカーのヨネックスは13日、オンラインで会見を開き、女子ゴルフで、今年6月のプロテストに一発合格した双子の姉妹・岩井明愛(あきえ)、妹の千怜(ちさと)と用具使用契約を締結したことを発表した。契約期間は複数年。岩井姉妹はともに会見に出席して同社とのこれまでの歩みや、今後の抱負などを語った。

 2人は同社のジュニアアカデミーに参加したことを機に、小学5年からクラブを使用してきた。姉の明愛は「このような日を迎えることができてとてもうれしい。ずっと一緒に頑張ってきて、とても信頼できるクラブだし、何より(同社の)皆さんがあたたかいです。今後も一緒に戦っていけるので楽しみでワクワクしています」と喜びを語った。妹の千怜も「私たちの要望に応え、支えて下さる皆様の姿勢が活力になっています。一緒に戦えることをうれしく思います」と笑顔を見せた。

 会見では、2選手にサプライズで埼玉栄高時代の恩師・橋本賢一さんと、ジュニア時代から指導を受けてきた永井哲二プロからの激励メッセージの映像が流された。映像終了後、コメントを求められた明愛は「まず、びっくりしたんですけど、うれしくて…」と目を赤くし、言葉を詰まらせた。それを見た千怜が「すみません。(姉は)涙もろくて。映画をみるとすぐに泣くタイプ。いきなりのサプライズでうれしかったんだと思います」とすかさずフォロー。「(橋本先生の)第一声を聞いて、私もグッときました。これからもっと頑張ろうという思いが強くなりました」と感謝した。

 ヨネックスの経営理念は「独創の技術と最高の製品で世界に貢献する」である。明愛はプロ転向前の今年6月に同社主催のヨネックスレディスで33位となりベストアマチュアに輝いた。今後について「未熟な私たちだけど、いずれはゴルフ界を2人で引っ張っていけるようになりたい。まずは1勝を目指したい。そして国内で力をつけ、いずれは世界で戦えるようになりたい」と力強く抱負を語った。

 一方、千怜は3日まで行われたステップアップツアーのカストロールレディースでプロ初優勝を飾った。「ヨネックスさんの用具を使って優勝することができました。ゴルフだけでなく、その他も含めて『一流』と言ってもらえるような選手になりたい。(来季のツアー出場権を懸けた)QT(予選会)をまず通過し、ツアーで優勝することが目標です」と決意を込めた。

 ◆岩井明愛、千怜(いわい・あきえ、ちさと)2002年7月5日、埼玉・比企郡生まれ。19歳。埼玉栄高卒。父の影響で8歳からゴルフを始め、ドライバーの平均飛距離はともに240ヤード。2人ともスポーツ歴は陸上で、憧れの選手は石川遼。姉は昨年の日本女子オープン14位、今年5月のパナソニック・オープン3位でベストアマを獲得。妹は3日まで行われたステップアップツアーのカストロールレディースでプロ初優勝。名前の由来は姉が「明るく、愛されるように」、妹は「賢い子に」とつけられた。姉は身長160センチ、妹は161センチ。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請