大学ラグビーが開幕 白星発進の明大は1人退場も14人で7トライ奪取

スポーツ報知
前半、相手のタックルをかわし迫め来む明大・江藤良(中央)

◆関東大学ラグビー 開幕節(12日、東京・明大グラウンドほか)

 対抗戦3試合が無観客で行われ、3連覇と、3年ぶり大学日本一を目指す明大が、青学大から計8トライを奪う猛攻で、52―3で快勝し白星発進を決めた。早大は立教大に完封勝ちの70―0。3季ぶり優勝を目指す帝京大は筑波大に17―7で辛勝した。

 明大は、前半36分の7―3の場面で痛恨の退場者を出した。フランカーの住吉一晟(2年)が、青学大陣内でのボール争奪戦で、密集の中で倒れている青学大選手の顔を殴ったとして「不行跡(行いが良くないこと)」の一発レッドで退場処分。1人少ない14人での戦いを余儀なくされたが、14人になってから計7トライを奪取。4トライを奪った後半は青学大を無得点に抑え切った。

 スクラムも強烈だった。相手ボールでは右センターの江藤良(4年)がフランカーの位置に入って猛プッシュ。自ボールでのスクラムでは、7人と1人少ない状態となったが、青学大FW8人を後退させる強烈な押しを見せつけた。トップリーグ・リコーの前監督だった神鳥裕之氏が6月に新監督に就任。白星発進した初陣の出来は「トライを奪われなかったことだけが成果。まだまだ」と、うなずかなかった。

 前半は17分に青学大に先制PGを許し、後半29分にようやくNO8福田陸人(4年)がポスト正面にトライし初得点。ラインアウトモールで何度かトライのチャンスがあったものの、青学大の執ような低いタックルに苦戦し、「相手の気迫に合わせる展開になってしまった」と神鳥監督。

 退場者を1人出したことには「ガッカリした。プレーで返さなければいけないのに、ああいうプレー(殴打)をしてしまった。きつく指導しないといけないし、チームとしても成熟しないといけない」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請