【西武】渡辺勇太朗が3勝目 チームは13カードぶりのカード勝ち越し

5回1失点で3勝目の渡辺勇太朗(左はスパンジェンバーグ)
5回1失点で3勝目の渡辺勇太朗(左はスパンジェンバーグ)

◆パ・リーグ 西武3―1オリックス(12日・メットライフ)

 投打がかみ合い、西武が13カードぶりのカード勝ち越しを決めた。

 試合が動いたのは0―0の2回。1死二、三塁でスパンジェンバーグが、2戦連発となるバックスクリーンへの7号3ランで先取点をもたらした。

 投げては、4度目の先発となった渡辺が5回3安打1失点。序盤から制球が定まらず、4回の投球練習中には足をつるアクシデントにも見舞われたが、最少失点で試合をつくった。前回登板の5日の楽天戦(楽天生命)では、4回途中7失点と自らのふがいなさにベンチで涙を流しただけに「失点はホームランの1点だけで済んだので、最低限の仕事はできたかなと思う」と安堵(あんど)の表情。「あとは足をつらないように改善していかないといけない」と次の課題を口にした。

 20歳右腕の粘投に応え、6回以降は水上、森脇、増田、平良の継投陣が無失点リレーで試合を締めくくり連勝。辻監督は「ピッチャーが踏ん張ってくれた。渡辺も心配だったけど、5回までしっかり投げてくれた。大事な試合で勝ち越せてうれしく思います」と喜んだ。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請