五輪銀の稲見萌寧が初メジャー制覇&今季8勝目 賞金2億円突破でランク1位浮上「このまま2けた優勝」

メジャー初優勝を決めた稲見萌寧(カメラ ・今西  淳)
メジャー初優勝を決めた稲見萌寧(カメラ ・今西  淳)

◆女子プロゴルフツアー 21年メジャー第2戦 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 最終日(12日、茨城・静ヒルズCC=6680ヤード、パー72)

 曇天の下、全競技が終了した。東京五輪銀メダリストで1打差2位で出た稲見萌寧(都築電気)がショット、パットともにすきのないゴルフを見せて8バーディー、ボギーなしのベストスコア64をマークした。

 2019年の畑岡奈紗の大会最少ストローク記録(270)を1打更新する通算19アンダー(269)で、自身初のメジャー優勝&今季8勝目を飾った。「女子プロゴルファー日本一」の称号を手に入れた22歳は、今季獲得賞金も1988年のツアー制施行後2人目となるシーズン2億円を突破し、賞金ランク1位(2億572万9149円)にも浮上した。

 稲見はホールアウト後、テレビの優勝インタビューに笑顔で答えた。

 ―メジャー初優勝です

 「一番はすごいうれししい気持ちが強いです。本当に今日は組み合わせにすごい恵まれて。大学の後輩の真央ちゃんと大好きな大山さんと回れて本当に良かったです」

 ―大会4日間を振り返って

 「最初の2日間は、耐えたり、しんどいゴルフだったが、あとの2日間はショットがいいところについて、自分的にはビッグスコアを出せたので良かったです」

 ―大会最少ストローク記録を更新しました。

 「最後の2日間で15アンダーを出したのがビックリって感じです」

 ―今後の目標は?

 「今年、本当に色々とうまくいっているので、このまま途切れることなく(不動裕理に続くツアー史上2人目のシーズン)2けた優勝。それを達成できるように頑張りたいです」

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請