前半終了 稲見萌寧が15アンダーで単独首位 1打差2位に西郷真央

5番ホールで、大山志保(右)と笑顔で会話する稲見萌寧(カメラ 今西 淳)
5番ホールで、大山志保(右)と笑顔で会話する稲見萌寧(カメラ 今西 淳)

◆女子プロゴルフツアー 21年メジャー第2戦 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 最終日(12日、茨城・静ヒルズCC=6680ヤード、パー72)

 最終組が前半9ホールを終了した。2位から出た稲見萌寧が1、4、6、9番のバーディーでスコアを4つ伸ばし、通算15アンダーで単独首位に浮上している。1打差の14アンダー2位に、2つ伸ばした西郷真央がつける。

 3バーディー、1ボギーの大山志保が13アンダーで、首位と2打差の3位で追う。

 11アンダーのイ・ミニョン(韓国)が4位につけ、植竹希望が10アンダーの5位となっている。勝みなみが9アンダーで6位としている。

 西村優菜、鈴木愛、野沢真央が8アンダーの7位につける。

 21位で出た渋野日向子は13番まで終了し、3バーディー、1ボギーで5アンダーの16位。小祝さくらは3アンダーの28位となっている。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請