浦和が6位浮上! MF汰木康也が自身初のヘッド弾「平川コーチとの練習で1本も入らなかった…」

スポーツ報知
浦和MF汰木康也

◆明治安田生命J1リーグ▽第28節 浦和2―0横浜FC(11日・ニッパツ)

 浦和はMF汰木康也が今季初ゴールを挙げ、アウェーで横浜FCに2―0で勝利した。

 リーグ3試合ぶりに左MFで先発した汰木は前半34分、MF小泉佳穂の右クロスに頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。得意のドリブルではなく、苦手な「ヘッド」で待望の今季初ゴール。「遅くなっちゃったけど、やっと1個とれた」と安どした。

 J2山形時代も含め、自身初のヘッド弾。地道な練習が実を結んだ。「ここ1か月くらい、平川(忠亮)コーチがヘディング練習に付き合ってくれた。練習では1本も入らなかった…。まともに頭に当たらないことばっかりだったので、よく付き合ってくれたなと。ゲームで1本取れて、自分としても大きい」と喜びを口にした。

 後半44分にはMF大久保智明のJ1初ゴールで追加点を挙げ、守備陣は4試合連続で無失点。3位・鳥栖と勝ち点3差の暫定6位に浮上した。リカルド・ロドリゲス監督は「完璧なチームになりつつある。しっかりアウェーで勝ち点3を取れたので、このままACL圏内に入れるように戦いたい」と力を込めた。

サッカー

×