横浜FM前田大然が古橋亨梧に並んで得点ランク首位タイ!「ここまできたら越えたい」

前田大然
前田大然

◆明治安田生命J1リーグ ▽第28節 広島1―3横浜FM(11日・Eスタ)

 横浜FMは敵地で広島を3―1で下した。前半8分に先制を許す苦しい展開となるが、同36分にFW前田大然が同点ゴール。前田は今季15ゴール目で、今夏スコットランド1部セルティックに移籍した古橋亨梧と並ぶ得点ランク首位タイとなった。DF実藤友紀の得点で前半のうちに勝ち越すと、後半15分にはFWレオセアラが直接FKを鮮やかに蹴り込み、突き放した。暫定ながら首位・川崎との勝ち点差は1。アウェーで勝ち点3をもぎ取り、再び王者に一歩詰め寄った。

 前田の今季15得点目が、劣勢に立たされるチームを救った。0―1の前半36分、MFマルコスジュニオールのシュートに右足を当て、軌道を変えてゴール左へ流し込んだ。「狙ってはいない」と苦笑いだったが、守備の不安定さや細かなミスからピンチを迎える状況を打破し、「流れを引き寄せたとは思う」とうなずいた。

 落ち着きを取り戻したチームは、安定した守備から今季リーグトップの得点数を誇る攻撃力を発揮し、逆転勝利。前田も序盤、前からプレスをかけてくる相手に対して慌ててしまったことへの反省点は口にしたが、「しっかり苦しい中で点取って、そこから自分たちのサッカーができた。勝てたのは大きい」とホッとした表情も浮かべた。

 前田は得点ランクもついに首位タイ。「とりあえずまずは(古橋)亨梧くんがいたので、ここ(15得点)に立たないとって思いはあった。ここまできたら超えたいと思います」と単独首位も見据えた。この試合ではレオセアラも今季9ゴール目をマーク。「刺激しあえばチームは強くなる」と、高め合えるチームメートとともに、残る10試合を駆け抜けるつもりだ。勝利にも表情を引き締めたストライカーは、「1試合も落とせない。この先10試合、毎試合点を取る気持ちでいないと、得点王も、優勝もできない」と決意を新たにした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請