【大学野球】ドラフト候補の関西国際大・翁田大勢が自己最速153キロ 1回1安打無失点

関西国際大の翁田大勢は153キロをマーク
関西国際大の翁田大勢は153キロをマーク

◆阪神大学野球秋季リーグ戦 ▽第2節1回戦 天理大6―2関西国際大(11日・大阪市南港中央)

 10月11日のドラフト会議で指名候補に挙がる関西国際大の翁田(おうた)大勢投手(4年)が7回に登板。1回を1安打1四球で無失点に抑え、自己最速を1キロ更新する153キロをマークした。「真っすぐは理想に近い球になってきている」と手応えをつかんだ。

 春季リーグ戦の開幕前は「(ドラフト1位候補の)12人に入る」と高評価されていたが、右肘の疲労骨折などもあり、1試合だけの登板に終わった。阪神大学リーグは無観客でスカウトも視察できないが「このリーグしかないと開き直れている」と、目に見える結果で最後のアピールを続ける。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請