【ソフトバンク】工藤政権ワーストの17失点 先発・石川がぶち壊し 日本ハム戦ビジター初黒星

大量失点にベンチで腕組みし戦況を見る工藤公康監督(左)(カメラ・池内 雅彦)
大量失点にベンチで腕組みし戦況を見る工藤公康監督(左)(カメラ・池内 雅彦)

 ◆パ・リーグ 日本ハム17―5ソフトバンク(11日・札幌ドーム)

 ソフトバンクが屈辱的大敗を喫した。先発・石川が大誤算で、初回2死をとっただけで、5安打3四死球、10失点でKO。2番手・高橋礼も火に油を注ぎ、ダイエー時代の99年以来となる1イニング11失点と崩壊した。1試合17失点は工藤監督の就任6年目でワーストタイの投壊。「自分も長く野球をやってますけど、なかなかこういうことはないんですけどね。初回がすべてといえば、すべてなので。それしかないかな…」とショックを隠せない様子だった。

 今季7勝2分けと無敗だったビジターの日本ハム戦も初黒星。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請