札幌DF福森晃斗は右膝負傷で戦線離脱へ…5日のルヴァン杯プライムSで途中交代

札幌DF福森(左)
札幌DF福森(左)

 J1北海道コンサドーレ札幌は11日、DF福森晃斗(28)の右膝内側側副じん帯損傷を発表した。

 準優勝した2019年以来2大会ぶりの4強入りを狙ったルヴァン杯プライムS第2戦・FC東京戦(0●2)で先発出場も、利き足の左とは逆の右膝を負傷。途中交代を余儀なくされ、チームも無得点で敗退していた。

 左足の高精度のセットプレー、長短織り交ぜたパスなどで札幌の攻撃をつかさどってきた福森は、開幕からリーグ戦で全試合先発出場を続けてきたが、前節・C大阪戦(8日、0●3)で今季初めて欠場していた。札幌はキーマンの一刻も早い復帰を待ちつつ、まずは11日のC大阪戦でのリーグ5戦ぶり勝利から、上位浮上を狙っていく。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請