【ソフトバンク】昨季盗塁王・周東佑京が右肩手術 今季は絶望

周東佑京
周東佑京

 ソフトバンクは11日、周東佑京内野手(25)が10日に佐賀市内の病院で右肩関節鏡視下関節唇形成術を受け、無事に終了したことを発表した。1週間から10日間程度入院し、復帰まで約6か月の見通し。今季中の復帰は絶望となった。

 育成出身の周東は昨年、50盗塁で自身初の盗塁王を獲得。プロ4年目の今季はレギュラー定着が期待されたが、70試合で打率2割1厘、3本塁打、5打点、21盗塁にとどまっていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請