華やかな和装で将棋・白玲戦七番勝負が開幕 西山朋佳女流三冠対渡部愛女流三段

駒を並べる西山朋佳女流三冠(左)と渡部愛女流三段(カメラ・矢口 亨)
駒を並べる西山朋佳女流三冠(左)と渡部愛女流三段(カメラ・矢口 亨)

 将棋の第1期白玲戦七番勝負・西山朋佳女流三冠(26)=女王、女流王座、女流王将=対渡部愛女流三段(28)戦が11日午前9時、東京都港区のグランドニッコー東京台場で開幕した。

 黒を基調に金を差し色にした和服で王者の風格を漂わせた西山、水色に花柄が揺れる可憐な和装の渡部。華やかな勝負服をまとった両者による第1局が始まった。

 振り駒の結果、先手は西山に。先手中飛車・後手居飛車の対抗形に進んでいる。

 白玲戦は昨年創設された新棋戦。女流順位戦で決勝まで勝ち進んだ両者が女流初の七番勝負で賞金1500万円を懸けて戦う。

 持ち時間は各4時間。午後から夜にかけて終局する。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請