吉村洋文大阪府知事が若者向けワクチン接種キャンペーンを計画「民間と協力して税負担なく」

スポーツ報知
吉村洋文大阪府知事

 大阪府の吉村洋文知事が10日、大阪・ABCテレビの報道番組「キャスト」(関西ローカル)に生出演し、新型コロナウイルス感染対策ワクチン接種の若者向けのキャンペーンを実施するプランを明かした。

 ワクチン接種については「重症化しやすい40、50代に受けてほしい」とする一方、下の世代にも広げたい意向で「若い方で迷っておられる方もいるし、絶対にしないと決めている方もいらっしゃる。これはある意味、本当に自由なんですけれども、チャンスがあれば打とうかという方も非常に多い。そういう意味で、若い方にワクチンを打っていただきやすくするインセンティブ(優先権)を作りたい」と“特典付き”の構想を語った。

 ただし、税金を投入する是非が問われるため、「民間企業の皆さんは、社会経済を動かしたいと思っていますから、民間と協力して、クーポン券だとか割引券だとか、そういうものを募れば集まるのでは。税負担もない」と公民一体型の推進を図る考え。「大阪で包括連携している企業があるので、声掛けをしていきたい」と、今後、連携企業に呼びかける意向を示した。

 「(特典狙いの)打ち控えにつながらないか」との指摘には「過去に受けた人も対象に。全年齢にするのか、若い年齢だけに絞るのかは、これから(の課題)。年代が後半の人たちのメリットと若い人のメリットは、やっぱりちょっと違う。インセンティブにするのも、社会全体としてプラスになるんじゃないか」と説明した。

 また、ワクチン接種拡大に伴う行動制限緩和の実証実験の試みについて、飲食店以外に、小規模のライブハウスでも行いたい意向を示した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請