吉村洋文大阪府知事「“食の街”としてコロナと共存の道を」行動制限緩和の実証実験へ意欲

スポーツ報知
吉村洋文大阪府知事

 大阪府の吉村洋文知事は10日、大阪府庁で記者団の取材に応じ、政府が10月にも始める予定の新型コロナ行動制限緩和の実証実験について「“食の街”として手を挙げたい」と飲食店を中心に実験に参加する意向を改めて表明した。

 大規模イベントでの実験に関しては「大阪で対象になるものがどれだけあるか」と前置きしながら、「僕自身は飲食店の皆さんに(規制の)お願いを続けている。食の街ですし、コロナと共存していく道がないものか。正直、課題もたくさんあるが、課題をあぶり出し、多くの方に理解してもらえる制度にしないとアカンと思ってます」と実験を経て、国の制度設計に協力する意向。実験規模には「かなり少ない数で、大阪市内の繁華街になると思います」と話した。

 また、横浜市の山中竹春市長がこの日の所信表明演説で、カジノなどの統合型リゾート(IR)誘致を正式に撤回表明した件について「大阪はオリックス、MGMグループと具体的な中身を詰めている最中。横浜の動向にかかわらず、世界最高水準のIRを実現するということで進めていく。大阪には影響はない。ギャンブル依存症などの啓蒙活動はしっかりやっていきたい」と変わらぬ姿勢を示した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請