丸川珠代五輪相、東京五輪・パラリンピック費用、国の負担については「必要に応じて協議に応じる」

スポーツ報知
丸川珠代五輪相

 丸川珠代五輪相が10日、閣議後に都内で会見した。

 東京五輪・パラリンピックでの費用における国の負担について問われると「大会運営主体の組織委員会においてまず、収入支出を精査することが最初になる。国としては、まず組織委員会における精査の進展状況を注視して、必要に応じて協議に応じてまいりたい」と話した。

 また、東京五輪・パラリンピックを通して実施された「学校連携観戦プログラム」について、総括を求められると「五輪とパラリンピックを通じて(観戦者は)およそ2万人だったと組織委が発表している」とし、「素直にアスリートの努力や輝き受け止める言葉がたくさん寄せられている。(コロナ禍で)厳しい状況でも、子どもたちの心にレガシーを残せたことは大変意義があることだったと考えている」とコメントした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請