【広島】鈴木誠也、2戦ぶり1試合2発で決めた球団記録タイ6戦連発!日本記録王手!

スポーツ報知
1回1死、鈴木誠也が右中間へソロ本塁打を放つ

◆JERAセ・リーグ 広島―中日(9日・マツダ)

 広島の鈴木誠也外野手が、初回に6試合連続本塁打となる26号ソロを放った。1死無走者から、中日先発・勝野の3球目の高めスライダーを逆方向の一番深い右中間席に運んだ。6戦連発はランス(1987年)、新井貴浩(2005年)に並ぶ球団記録。王貞治(巨人、72年)、バース(阪神、86年)の日本記録7試合連続に王手をかけた。同点の4回2死一塁では、2試合ぶり1試合2発となる27号勝ち越し2ランを放った。

 第1打席で、いきなり決めた。直前に3番・西川が9号2ランを放ち、序盤から主導権を完全にたぐり寄せる2者連続弾。「(西川)龍馬の良い流れに続くことが出来て良かったです」。直近5試合は、すべて第1打席でのアーチだ。

 さらに4回2死一塁では、2試合ぶり1試合2発となる27号勝ち越し2ランだ。中日2番手岡田のスライダーを左翼席に運んだ。8月26日の巨人戦(東京D)から13戦12発目と勢いが止まらない。

 連続試合本塁打を続ける6試合では8本塁打目。ランスは6戦8発、新井は6戦6発だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請