カタルシスたっぷりの鷹木信悟の勝利に棚橋弘至の涙…メットライフドーム2連戦で新日が見せたプロレスの底力

新型コロナウイルス感染から3週間ぶりの復帰戦でIWGP世界ヘビー級王座を防衛。観客の拍手に応える鷹木信悟(新日本プロレス提供)
新型コロナウイルス感染から3週間ぶりの復帰戦でIWGP世界ヘビー級王座を防衛。観客の拍手に応える鷹木信悟(新日本プロレス提供)

 9月4、5日の両日、新日本プロレスにとって2014年以来7年ぶりとなる埼玉・メットライフドーム大会2連戦が行われた。

 フルキャパ3万3921人の会場に駆けつけた観客は4日が2095人、5日が2780人。その多くがアリーナ席に集中。スタンドには空席が目立つ寂しい大会となったが、リング上では来年、旗揚げ50周年を迎える日本最強の団体にしか生み出せない熱い戦いが展開された。

 4日のメインイベントには、IWGP USヘビー級王者の棚橋弘至(44)が登場。誤嚥性(ごえんせい)肺炎のため、2か月ぶりのリング復帰となった飯伏幸太(39)の挑戦を受け、華やかでパワフルなファイトを展開した。

 病み上がりとは思えない飯伏のコーナートップから場外への三角飛びケブラータなど、抜群の身体能力を生かした攻撃に苦しめられる場面もあったが、最後は必殺のハイフライフロー2連発で3カウント奪取。花道で座り込み、涙を浮かべて何度も頭を下げる飯伏に笑顔でうなづいて見せた。

 マイクを持つと、感染症対策で声が出せない観客に向かって「皆さんが言えない代わりに僕が言いますね。飯伏、おかえり! まだまだ夢の続きがあるぞ」と語りかけると、「イブシ、イブシ」と自ら発声して観客に飯伏への拍手を要求した。

 さらに「7年ぶりに新日本プロレスが西武ドームに帰ってきたぜ!」と絶叫。「7年前は俺、メインイベントじゃなかったんだよね。7年後にメインイベントの俺って、すげー! リングに立ち続けて、皆さんを待ってます」と叫ぶと、観客のリクエストに応え、勝利の儀式のエアギターを3連発。「ちょっとでもいいから明日が良くなりますように。愛してま~す!」と、いつもの決めゼリフでしめくくった。

 バックステージでも「まだ先になるけど、みんな、それぞれの生活、それぞれの目標に向かって頑張っていきましょうよ」とファンにエール。「何か、ちょっとしたきっかけでいいんで『ああ、棚橋、何しているかな?』と『ああ、そう言えば、プロレス好きだったな』とか思い出してもらって…」と涙声になると、「そこには棚橋がいますから。しつこいぐらい、うっとうしいぐらい、みんなを待ってますから」と声を震わせながら約束した。

 そして24時間後。さらに熱い闘いが待っていた。

 5日のメインイベントに登場したのは、新型コロナウイルス感染のため8月15日の静岡大会から欠場。3週間のブランクを経ての復帰戦が、そのまま2度目の防衛戦という大一番を迎えたIWGP世界ヘビー級王者・鷹木信悟(38)だった。

新型コロナウイルス感染から3週間ぶりの復帰戦でIWGP世界ヘビー級王座を防衛。観客の拍手に応える鷹木信悟(新日本プロレス提供)
IWGP世界ヘビー級王座を防衛し、LIJの仲間の(左から)BUSHI、内藤哲也、SANADA、高橋ヒロムに祝福された鷹木信悟(新日本プロレス提供)
飯伏幸太を下し、IWGP USヘビー級王座を防衛。観客の拍手に応える棚橋弘至(新日本プロレス提供)
すべての写真を見る 3枚
1 2 3

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請