【ソフトバンク】1日で自力V復活 千賀滉大7回0封「野手の人がすべて」大量援護の打線に感謝

最後を締めた森からボールを受け取る千賀(中央)(カメラ・頓所美代子)
最後を締めた森からボールを受け取る千賀(中央)(カメラ・頓所美代子)

◆パ・リーグ 西武0―9ソフトバンク(8日・メットライフ)

 涼しげに千賀が7回を91球で投げ終えた。完封ペースだったが、今季初の中5日も考慮されマウンドをリリーフ陣に譲った。三塁を踏ませず、4安打無失点。「今日は楽すぎる展開を作ってくれた野手の人がすべて」と打線に感謝。エースは金メダル獲得後の後半戦4戦4勝となり、わずか1日で自力Vを復活させた。

 制球に苦しんだ2週間前とは、別人のような投球だった。8月25日の西武戦(メットライフ)では、7回1死まで無安打も6四球。「しっかりアジャストしたい」と前回の反省を生かし、他球場より低いとされるマウンドに適応。無四球と安定の投球だった。

 打線も3回までに9得点で援護。9回は約4か月ぶりに左肘手術から復帰した守護神・森が完封リレーを締めた。「千賀が投げるイコール勝ちと。今日はドシッと座って、何もしなくていい」と工藤監督も笑顔。4年連続日本一のソフトバンクが、本来の姿を取り戻してきた。(戸田 和彦)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請