【広島】鈴木誠也、球団記録王手の5戦連発も空砲 5位タイ転落

スポーツ報知
2回に5試合連続アーチを放った鈴木誠也

◆JERAセ・リーグ 広島1―4中日(8日・マツダ)

 広島・鈴木誠也外野手が球団記録(ランス=87年、新井貴浩=05年)に王手をかける5戦連発のアーチをかけるも、空砲に終わった。2回先頭の25号ソロで先手を奪ったが、逆転負け。チームの連勝は3で止まり、5位タイに転落した。

 前夜の4点差逆転勝利の勢いをつなぐ4番の一撃も、後が続かなかった。打線は野間の2併殺を含む3併殺で1得点止まり。前夜に打率リーグトップに躍り出て逆転サヨナラ3ランを放った殊勲者・坂倉は4打数無安打。4戦ぶり捕手先発で初回に2度盗塁を阻止するも、バットで快音を響かせることができず。打率トップはキープしたが、連続試合安打は12でストップした。

 先発の玉村は1点リードの5回2死一塁から木下拓の適時二塁打で同点を許し、7回に代打・福田に決勝の勝ち越し2ランを浴びた。7回3失点と先発の役割は果たしたが、6敗目。7月2日の阪神戦(マツダ)から白星から遠ざかっており、苦しい状況が続いている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請