【DeNA】巨人戦5連勝で自力CS消滅を阻止 大貫晋一が自身5連勝の6勝目

スポーツ報知
6回の投球を終え、笑顔でベンチに戻る先発投手の大貫晋一

◆「JERAセ・リーグ公式戦」DeNA4―1巨人(8日・横浜)

 DeNAが巨人に1引き分けを挟み、7月4日から5連勝。

 初回、宮崎、牧の連続適時打で2点を先制すると、4回、5回はいずれも併殺崩れの間に1点を奪い加点した。

 先発の大貫は6回1失点で自身5連勝。チーム単独トップの6勝目を挙げた。守護神の三嶋が9回の1イニングを抑え20セーブ目を挙げた。

 負ければ自力でのクライマックスシリーズ出場が消滅していたが、踏みとどまった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請