【阪神】元野球部マネジャーの女優・関水渚がファーストピッチセレモニー「すごくドキドキしています」ハチナイに出演

スポーツ報知
ファーストピッチセレモニーで投球する関水渚

◆JERAセ・リーグ 阪神―ヤクルト(8日・甲子園)

 テレビ東京系ドラマ「八月は夜のバッティングセンターで。」に出演している女優の関水渚(23)がファーストピッチセレモニーに登場した。ドラマの夏葉舞の役と同じ制服姿で登場。ホームには届かなかったが、元気よく白球を投げ込んだ。「正直、ノーバンでいけると思ったんですけど、難しいですね。あと何年かは修行が必要ですね」と苦笑いを浮かべた。

 高校時代は野球部のマネジャーを務めており、念願の甲子園の土を踏んだ。「正直、まだドキドキして現実味がありません。甲子園は強い高校、トップクラスの方たちが来られるところなので『いいのかな』みたいな。あの場(マウンド)に立ったというのが、すごくドキドキしています」と興奮を隠せない様子だった。

 ドラマは9日の午前1時10分からの9話が最終回。巨人などで活躍した上原浩治氏がゲスト出演する。「とても楽しい最終回になっているので、皆さんに楽しんでいただきたい」と呼びかけていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請