【ロッテ】藤原恭大が月間MVPを初受賞「本当に2軍の期間が大事になった」

7、8月度大樹生命月間MVPを初受賞したロッテ・藤原恭大
7、8月度大樹生命月間MVPを初受賞したロッテ・藤原恭大

 ロッテの藤原恭大外野手が「7、8月度大樹生命月間MVP」を初受賞した。

 藤原は同期間で24試合に出場し、32安打、5本塁打、15打点、5盗塁、打率3割4分8厘と好成績を残した。5日の日本ハム戦(ZOZO)で左ふくらはぎに死球を受けた影響で7日のオリックスとの首位攻防戦ではスタメンを外れたものの、今季は「2番・中堅」のレギュラーをもぎ取り7、8月は全試合にスタメン出場。15試合連続安打などもマークし、チームの首位争いに貢献した。

 藤原は「もしかしたらという思いはあったので、ぎりぎりだったけど(MVPを取れて)うれしいです。正直(4月下旬に2軍に)落ちた時フォームがバラバラだったし、『1年間2軍でやるのかな』とも自分の中で思いました。でも一から福浦さんだったり、鳥越2軍監督と一緒に作り上げていこうという感じだったので、そこから1軍に上がれたんですけど、本当にその2軍の期間が大事になったと思います」と振り返った。

 チームは現在オリックスと熱い首位争いを繰り広げている。「最近はよく打線がつながっている。自分としてはまだまだ2番としての役割を果たせてないので。ここからもっと1戦1戦が大事になってくると思うので、より一層頑張っていきたいと思っています」と初の月間MVP受賞ながら気を引き締めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請