日テレ東京Vの新10番・小林里歌子「すごくインパクトの残る試合に」…12日・WEリーグ開幕戦

小林里歌子
小林里歌子

 12日に開幕する初の女子プロWEリーグで、日テレ東京VのFW小林里歌子が8日、オンライン取材に対応し、新10番を背負う意気込みを口にした。

 開幕戦では、昨季なでしこリーグ王者の三菱重工浦和と対戦する。週末の試合に向けて「個人としてはすごくインパクトの残る、もう一回見たいと思ってもらえるような試合をしたいと思っている」と意気込んだ。今季から東京五輪代表MF籾木結花(リンシェピング)から10番を引き継ぎ、「ある程度プレッシャーを自分に掛けながら責任感を持ってやりたい。プレーでも攻撃を引っ張っていけるように、責任感を持ってやりたい」と力を込めた。

 昨季はなでしこリーグ13得点で3位。今季の目標は「去年以上」とし、WEリーグ初代女王を見据え、「もちろんそこは狙っていきたいし、試合を積み重ねるごとに自分自身も成長していきたい」と話した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請