中島健人&小芝風花「彼女はキレイだった」第9話世帯視聴率は関東7・1%、関西9・7%

小芝風花
小芝風花

 Sexy Zoneの中島健人、女優の小芝風花がダブル主演するフジテレビ系連続ドラマ「彼女はキレイだった」(火曜・午後9時)第9話が7日に放送され、世帯平均視聴率が関東地区で7・1%だったことが8日、分かった。ドラマは次回14日に最終回を迎え、一部が生放送となる。

 初回7・6%、第2話7・0%、第3話7・1%、第4話4・8%、第5話6・4%、第6話6・9%、第7と第8話7・2%と推移。今回は0・1ポイント微減。個人視聴率は3・9%だった。

 なお、ドラマを制作するカンテレで放送した関西地区では世帯10・5%で2ケタ発進。第2話は10・7%、第3話は10・2%、第4話は7・5%、第5話は9・3%、第6話9・9%、第7話10・4%、第8話9・5%。今回は9・7%で、個人視聴率は6・0%。

 韓国・MBC演技大賞で10冠に輝いたドラマ(2015年)の日本リメイク版。韓国版では、昨年に日本でも話題となったドラマ「梨泰院クラス」で知られるパク・ソジュンが主人公を演じた。エリートへと成長を遂げた主人公(中島)と、才色兼備の美少女からアラサー無職となったヒロイン(小芝)。真逆の成長を遂げたかつての幼なじみの恋を描くストーリーだ。(数字はビデオリサーチ調べ)

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請