木村拓哉、2年ぶりタッグの長澤まさみに「相変わらず最高」…映画「マスカレード・ナイト」完成披露

スポーツ報知
舞台あいさつに登場した(左から)渡部篤郎、凰稀かなめ、博多華丸、高岡早紀、麻生久美子、沢村一樹、木村拓哉、長澤まさみ、木村佳乃、石黒賢、勝村政信、中村アン、石橋凌、鈴木雅之監督

 俳優の木村拓哉(48)が7日、都内で行われた主演映画「マスカレード・ナイト」(17日公開、鈴木雅之監督)の完成披露試写会に出席した。

 仮面の下の表情は、充実感であふれていた。今作で描かれた「仮面舞踏会」で着用する仮面を手にして登壇した木村は「皆が集まるのは、今日が初めてかも。この中の1人としていられることがうれしいし、皆さんと一緒に作業できて楽しかった」と笑顔を浮かべた。

 東野圭吾氏の同名小説が原作で、2019年に公開された前作「マスカレード・ホテル」は興収46・4億円のヒットを記録。前作同様、ホテルマンに扮(ふん)して潜入捜査をする警視庁捜査1課のエリート刑事を演じる木村に対し、長澤まさみ(34)が演じるフロントクラークはコンシェルジュに転任。今作では、大みそかに開催された仮面舞踏会に潜入した殺人犯を突き止める。型破りな刑事とマジメ過ぎるホテルマンの2年ぶりのバディ復活に、木村は「やっぱ最高っすよ。相手を感じながら演じてくださる方。相変わらず最高」とべた褒めすれば、長澤も「私も最高です。座長としての信頼感、安心感は200%。もっとかもしれません」と満面の笑みで返した。

 前作とは違い、コロナとも闘いながら、今年1月から撮影を行った。木村は「前作は間合いも近かったし、撮影以外の会話もあった」と振り返ったが、逆境でこそ輝くのがスター。誰より台本を読み込み、納得いかないシーンでは監督やスタッフに頭を下げて撮り直しを直訴した。木村と初共演の麻生久美子(43)は「たたずまいが素晴らしくて。心が震える場面がたくさんあった」と振り返り、今作から参加した沢村一樹(54)は「本当に刺激をもらえる」。フジテレビ系ドラマ「HERO」(01、14年)などで共演経験がある勝村政信(58)も「フレンドリーに迎えてもらえて助けられた」と感謝した。

 木村は劇中でアルゼンチンタンゴにも初挑戦。「久々にへこむくらい何もできなかった」と言うが、タンゴの回転で酔うという中村アン(33)を気遣う姿勢も。「皆さんのケアのたまもので完成した」という木村は「どうかこの作品を受け取っていただければ」。コロナ禍で、さらに木村の存在感が映えた。(田中 雄己)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請