【ロッテ】痛恨のサヨナラ負けで首位陥落 井口監督「しょうがない」

9回2死、ブランドン・レアードが空振り三振に倒れて、勝ちがなくなったロッテナイン
9回2死、ブランドン・レアードが空振り三振に倒れて、勝ちがなくなったロッテナイン

◆パ・リーグ オリックス4×―3ロッテ(7日・ほっと神戸)

 ロッテが痛恨のサヨナラ負けで首位陥落となった。

 ゲーム差なしで2位につけるオリックスとの首位攻防戦。ロッテは先発・宮城から序盤に3点を奪い、2点リードの7回から勝ちパターンの国吉が登板。無失点で8回の佐々木千にバトンを渡したが、先頭の代打・大下に左翼席へのソロを浴び、1死三塁から遊撃への当たりをエチェバリアがエラー。その間に三塁走者が生還し同点とされた。同点の9回にはマウンドに上がった田中が1死満塁から大下に中越え適時打を浴び痛恨のサヨナラ負け。

 「(宮城に対しては)しっかりアプローチできた。一生懸命やってる中でのエラーなのでしょうがないですね…」と井口監督。首位の座を守りきれずオリックスとのゲーム差は1に広がった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請