開幕戦で鷹木信悟VS石井智宏、棚橋弘至VSオカダ・カズチカ戦実現…新日G1対戦カード発表

石井智宏と初戦を戦う鷹木信悟
石井智宏と初戦を戦う鷹木信悟

 新日本プロレスは7日、18日に開幕する最強シングル決定戦「G1クライマックス31」の主な対戦カードを発表した。

 史上初の3連覇を狙う飯伏幸太は18日のAブロック開幕戦(大阪府立体育会館)で高橋裕二郎と対戦。同ブロックのIWGP世界ヘビー級王者・鷹木信悟は石井智宏、内藤哲也はザック・セイバーJr.と初戦を戦う。

 19日のBブロック開幕戦では、いきなりIWGP US王者・棚橋弘至とオカダ・カズチカが激突する。

 その他の注目カードでは、26日の兵庫・神戸ワールド記念ホールで、鷹木と内藤の「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」同門対決。10月3日の愛知県体育館大会では、鷹木―飯伏戦、13日の宮城・仙台ゼビオアリーナ大会では、内藤と飯伏が顔を合わせる。

 新日最強戦士を決める同大会は例年、真夏に行われていたが、新型コロナウイルス禍の中、東京五輪開催のため秋開催となった昨年大会に続き9、10月の開催に。9月18、19日の大阪府立体育館2連戦でスタートし、全国で全19大会を開催。10月21日の東京・日本武道館大会で優勝決定戦が行われる。

 昨年の同大会では、飯伏が決勝でSANADAを下し、蝶野正洋、天山広吉に次ぐ史上3人目の2連覇を達成。史上初の3連覇がなるかに注目が集まる。

 ◆Aブロック

 飯伏幸太 5年連続7回目の出場、19、20年優勝

 石井智宏 9年連続9回目

 矢野通 15年連続16回目

 鷹木信悟 3年連続3回目

 内藤哲也 12年連続12回目、13、17年優勝

 ザック・セイバーJr. 5年連続5回目

 グレート―O―カーン 初出場

 KENTA 3年連続3回目

 タンガ・ロア 初出場

 高橋裕二郎 2年連続8回目

 ◆Bブロック

 棚橋弘至 20年連続20回目、07、15、18年優勝

 オカダ・カズチカ 10年連続10回目、12、14年優勝

 後藤洋央紀 14年連続14回目、08年優勝

 YOSHI―HASHI 2年連続5回目

 SANADA 6年連続6回目

 タイチ 3年連続3回目

 ジェフ・コブ 3年連続3回目

 EVIL 6年連続6回目

 タマ・トンガ 3年ぶり4回目

 チェーズ・オーエンズ 初出場

 ◆「G1クライマックス31」日程

 ▽9月18、19日 大阪・大阪府立体育会館

 ▽23、24日 東京・大田区総合体育館

 ▽26日 兵庫・神戸ワールド記念ホール

 ▽29、30日 東京・後楽園ホール

 ▽10月1日 静岡・浜松アリーナ

 ▽3日 愛知・愛知県体育館

 ▽4日 東京・後楽園ホール

 ▽7日 広島・広島サンプラザホール

 ▽8日 高知・高知県民体育館

 ▽9日 大阪府立体育会館

 ▽12、13日 宮城・ゼビオアリーナ仙台

 ▽14日 山形・山形市総合スポーツセンター

 ▽18日 神奈川・横浜武道館

 ▽20、21日 東京・日本武道館

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請