【ロッテ】勝負の秋エース石川歩が首位攻防のキーマン 首位攻防3連戦9日先発有力

オリックス戦で復帰登板が濃厚となった石川
オリックス戦で復帰登板が濃厚となった石川

 勝負の秋に頼れる右腕が帰ってくる。ロッテが6月の右肘クリーニング手術から復帰登板となる石川を加えた先発陣で、7日からの2位オリックスとの首位攻防3連戦に挑む。

 井口監督は「オリックス戦でいくことになっています」と石川の1軍復帰を明言。9日の先発が有力な右腕は8月18日のイースタン・巨人戦(G球場)で約3か月ぶりの実戦復帰を果たし、前回登板の1日・イースタンDeNA戦(横須賀)で5回4安打2失点(自責0)と状態を上げてきた。3日から1軍本隊に合流。19、20年と開幕投手を務め、昨季はオリックスに対し4戦2勝(1敗)のエースが首位攻防のキーマンとなる。

 7日の先発は美馬で8日は二木が有力。美馬は前回対戦となった8月14日オリックス戦(ZOZO)で5回4安打2失点で勝利投手。二木は前回の8月27日楽天戦(楽天生命)で6回1失点と好調。1度登録を抹消され、中11日と万全の態勢で大事な一戦に臨む。

 鍵を握るのは今季15戦で11発を許す杉本との勝負。「打たれたら勢い付いたりもするのでその得点源の所をしっかり抑えられたら」とカード頭を任される美馬。9月以降では51年ぶり単独首位の勢いに乗り、真っ向勝負でオリックスを突き放す。(小田原 実穂)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請