横綱・白鵬ら宮城野部屋の力士は秋場所全休 全協会員の検査でコロナ陽性者が新たに1人判明

秋場所全休する白鵬
秋場所全休する白鵬

 日本相撲協会は6日、横綱・白鵬らが所属する宮城野部屋の力士全員が秋場所(12日初日、東京・両国国技館)を全休すると発表した。電話取材に応じた芝田山広報部長(元横綱・大乃国)によると、5日に実施した全協会員対象の新型コロナウイルスのPCR検査で、宮城野部屋から幕下以下の力士1人の陽性者が出たという。他は全員陰性だった。

 芝田山部長は「宮城野部屋は北青鵬が陽性になっているのと、今回力士が陽性だったということで、いろいろ計算すると、場所の途中まではどうしてもかかってしまうということで、今日の会議の中で、宮城野部屋は残念ながら全員休場という結果になりました」と話した。

 同部屋では今月1日に新十両の北青鵬が新型コロナに感染。2日に実施したPCR検査で他の力士は全員陰性だったが、一方で芝田山部長は体調不良を訴える幕下以下力士もいるとも明かしていた。宮城野部屋には白鵬のほか、幕内・石浦、十両・炎鵬も所属している。今年1月の初場所前に白鵬が感染した際にも、宮城野部屋の力士全員の初場所全休の措置がとられた。宮城野部屋は、これで2度目の全休措置となる。同部屋所属で部屋付きの高島親方(元関脇・高望山)、幕内格行司の式守勘太夫、幕内格呼び出しの隆二は部屋に出入りしていなかったため、秋場所は出場する。

 秋場所は予定通り観客上限5000人で開催する方針。また今月2日に感染が確認された世話人・錦風が所属する尾車部屋は出場する。先月末に感染が確認された小結・逸ノ城(湊)も問題がなければ出場する見込みという。芝田山部長は「錦風は無症状の状況で、もう一度検査したところ陽性はでていない。(尾車部屋の)出場には問題ない。湊部屋に関しては、まだはっきりした状況は協会に報告されていないが、逸ノ城は問題なく出場できる。逸ノ城はあと検査して、OKならば問題ない。時間的には問題ない」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請