小浦翼と重岡優大でWBOアジアPミニマム級王座決定戦  11・12後楽園ホールで

スポーツ報知
小浦翼と重岡優大が王座決定戦

 プロボクシング興行会社DANGANは6日、前王者・重岡銀次朗(ワタナベ)が返上したWBOアジアパシフィック・ミニマム級(47・6キロ以下)王座を、元東洋太平洋同級王者・小浦翼(E&Jカシアス)と前王者の兄でアマ5冠の重岡優大(ワタナベ)が11月12日、東京・後楽園ホールで王座決定戦を戦うと発表した。戦績は小浦が15勝(10KO)1敗、重岡優が3戦全勝(2KO)。

 なお、この日のメインイベントでは澤田京介(JBスポーツ)と定常育郎(T&T)の日本バンタム級(53・5キロ以下)王座決定戦が行われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請