北島康介GM率いる東京フロッグキングスに預金額の1%を支援、「みんなの銀行」とタッグ

スポーツ報知
北島康介氏

 競泳の国際リーグ(ISL)に参戦している「東京フロッグキングス(TFK)」とパートナーシップを結ぶネットバンク「みんなの銀行」が6日、預金額に応じてチームへの支援金を提供する新たなサービスを発表した。都内での会見には、TFKを率いる北島康介GMらが出席した。

 「みんなの銀行」アプリの中にある、目的別の貯蓄機能「Box」を活用した仕組み。Box機能で「TFK」の3文字を含む名前をつけた貯蓄預金をすると、期間中に集まった金額の1%がTFKの活動支援金として届けられる。対象期間は6日から来年3月31日までで、支援金の上限は500万円。つまり、Box全体で5億円が集まれば、上限いっぱいの500万円がTFKに提供される計算になる。預金者には、チームからプレゼントなどが予定されている。

 TFKは現在、イタリア・ナポリで行われているISLのレギュラーシーズンに参戦中。北島GMは「僕らにとっても一つのスタート。もともとの水泳ファンだけじゃなく、いろんな方に興味を持ってもらえる入り口をたくさん作ることも、僕の役割と思う。金融とスポーツの取り組みは、まさに画期的」と、意義を語った。

 TFKには東京五輪で2冠を獲得した大橋悠依(イトマン東進)、瀬戸大也(TEAM DAIYA)らが所属。参戦2年目で初の決勝進出を目標としている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請