音楽家・江崎マサルさん、新型コロナウイルスで死去…自宅療養中に急変、ワクチンは未接種

スポーツ報知

 音楽グループ・hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)のプロデュースなどを行っていた音楽家・江崎マサルさんが新型コロナウイルスに感染し、8月31日に亡くなっていたことが6日にわかった。hy4_4yhの公式ホームページで発表された。

 AKB48や日本エレキテル連合など数多くの有名人に楽曲を提供してきた江崎さん。経緯として、「8月21日メンバーyukarinの新型コロナウイルス陽性が確認された後から自粛隔離として自宅待機をしておりました。その時点での検査は陰性でした。8月24日メンバーchanchalaの陽性が確認された後、2回目の検査を受けて陽性が確認されました。保健所の指示のもと、軽症であったことから本人の希望により自宅療養しておりましたが容体が急変し、帰らぬ人となりました」と記された。なお、新型コロナワクチンは未接種だったという。

 「本日9月6日(月)15時30分に荼毘に付されます。2005年からともに歩んできた者の訃報を報告しなくてはいけない事態になったことは痛恨の極みです。これまでご協力・ご声援をいただきました全てのファンの皆様、関係各位の皆様に感謝申し上げます。また、江崎マサルと親しかった皆様には、弊社より直接ご挨拶させていただいておりますが、ご連絡先がやむをえず分からない方には、残念ながらお伝えできません。その場合、何卒ご容赦のほどよろしくお願い申し上げます。hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)の今後の活動につきましては、本公式サイト、Twitter等でお知らせしてまいります。」とつづられた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請