フジテレビ、「鬼滅の刃・遊郭編」日曜午後11時15分の放送決定…遊郭が舞台も「内容は変えない形で放送」

スポーツ報知
東京・台場のフジテレビ

 フジテレビの10月期の番組改編会見が6日、オンラインで行われた。

 席上、大ヒットアニメの続編「鬼滅の刃・遊郭編」がこの秋から冬、毎週日曜午後11時15分から放送されることが発表された。

 同作は原作単行本全23巻で累計発行部数が1億5000万部突破の大人気作品のアニメ化で同局は2019年4月に「竈門炭治郎 立志編」の放送開始。20年10月公開の映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」も歴代興行収入1位の世界的ヒットを記録した。

 同局では、「遊郭編」の放送に先駆けて、9月の全5夜にわたり「竈門炭治郎 立志編 特別編集版」を新作映像含め一挙放送。9月25日(土)には「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を全編ノーカットでテレビ初放送する。

 また、遊郭を舞台にした物語に若年視聴者などを対象に原作のままの放送が可能かの見方があったが、会見に出席した中村百合子編成部長は「午後11時15分からの放送も内容を考慮したわけではなく、テーマ性の深さを考慮した形です。内容は変えない形で放送します」と断言。「社会現象になっている作品であり、視聴者からの大きな反響もあります。日曜の夜に日常を超える感動をお届けしたいと思っています」と意気込みを語った。

 初回放送日は今月25日に発表される。

 

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請