橋本聖子・東京組織委会長が札幌冬季大会の組織委会長に意欲 2030年に立候補「依頼がありましたら」

パラリンピックのシンボルマーク
パラリンピックのシンボルマーク

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が6日、2030年に大会招致活動を行っている札幌での冬季五輪について、招致が成功して大会組織委の会長に「就任の依頼がありましたら、ぜひ受けさせていただきたい」と意欲を語った。

 橋本会長はスピードスケートで冬季4度、自転車で夏季3度の五輪を経験。北海道は橋本会長自身の故郷でもあり、大会への思いは強い。東京大会を経験したことでの提言を求められると「夏季と冬季としては違うところはありますが、組織運営は同じ。寄与することが出来れば、それは東京の組織委員会のレガシーのひとつになる」と述べた。その上で「札幌で開催されたら今度はフルスタジアムで、完全な形で子供たち、国民の笑顔があふれる大会にしたい。今回の経験を次の時代に生かせるようにしたい」と思いを語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請