バレーボール日本代表の守りの要・高橋藍がセリエAでのプレーに意欲

スポーツ報知
高橋藍(ロイター)

 バレーボール男子日本代表が6日、アジア選手権(12日~19日・千葉ポートアリーナほか)を前に、オンライン会見を行った。東京五輪で守りの要として29年ぶりの準々決勝進出に貢献した高橋藍(日体大)は「世界のレベルをもっと知るためにイタリアに生きたいと考えている」と世界最高峰リーグ、セリエAでのプレーを検討していることを明らかにした。現在は大学2年生だが「パリ五輪まで3年後で、間隔は短い。在学中に行きたいと考えている」と話した。

 16か国・地域が参加するアジア選手権は、上位2チームに来年の世界選手権(ロシア)出場権が与えられるが、高橋は「1位を取らないと、世界で勝つのは難しくなる」と優勝を誓った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請