「Wの悲劇」の澤井信一郎監督死去。83歳、多臓器不全

スポーツ報知
澤井信一郎監督

 「Wの悲劇」などのメガホンで知られる元東映の澤井信一郎監督が3日、多臓器不全のため都内の病院で亡くなっていたことが分かった。83歳。東映が発表した。

 澤井監督は静岡県生まれ。東京外国語大ドイツ語科を卒業。1961年東映に入社し、マキノ雅弘監督に師事。助監督時代を含め、下積みが長かったが、81年松田聖子が主演した「野菊の墓」で監督デビューした。

 澤井監督を一躍有名にしたのが、84年「Wの悲劇」。薬師丸ひろ子、三田佳子がそれぞれ売れない女優、大女優を熱演してヒット。報知映画賞(三田が助演女優賞)を始め、映画賞を総なめにし、高く評価された。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請