デスペラード、金丸組がジュニアタッグ王座奪取…ファンタズモの疑惑のシューズ奪いKO

IWGPジュニアタッグ防衛を果たしたエル・デスペラード(右)と金丸義信(左=新日本プロレス提供)
IWGPジュニアタッグ防衛を果たしたエル・デスペラード(右)と金丸義信(左=新日本プロレス提供)

◆新日本プロレス「WRESTLE GRAND SLAM in Metlife Dome」大会 ▽IWGPジュニアタッグ選手権試合60分1本勝負 〇エル・デスペラード、金丸義信(20分28秒 ピンチェ・ロコ→体固め)石森太二、エル・ファンタズモ●(5日、埼玉・メットライフドーム、観衆2780人)

 2014年以来7年ぶりとなる新日のメットライフD2連戦の2日目が行われ、IWGPジュニアタッグ王座戦で挑戦者のエル・デスペラード、金丸義信組がエル・ファンタズモ、石森太二組を下し、王座奪取に成功した。

 ゴング前から仕掛けたデスペラードと金丸だったが、抜群の身体能力で空中殺法を連発するファンタズモの前に序盤から押し返される。

 ファンタズモの左足に集中攻撃を仕掛け続けた2人だったが、石森の強烈な打撃からの背中へのひっかきに目つぶしとダーティーな反撃を受ける。さらに2人そろってコーナーポストにぶら下げられ、金的攻撃まで食らってしまった。

 しかし、前IWGPジュニア王者・デスペラードが、かねてから大き過ぎる破壊力から中身への疑惑が浮上していたファンタズモの右足のシューズを強引に脱がせ、奪取。手にしたシューズでファンタズモの頭部を殴打し、半失神状態にすると、最後は必殺のピンチェ・ロコで3カウントを奪った。

 金丸が「さすがだね。最後、あのシューズをつかんでいたところが」と絶賛すると、デスペラードは赤く腫れ上がった自分の手を見せて、「普通のソールでこんなになるか、ボケ! アマレスのソールはこんな固くねぇんだよ、バカヤロー! 痛ってぇ~~」と絶叫していた。(中村 健吾)

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請