【高校野球】日本高野連が“飛ばないバット”実打撃試験実施「打球の伸びがない」「木に近い」

スポーツ報知
新基準の金属バットについて説明する日本高野連の田名部和裕顧問(中央)

 日本高野連は5日、大阪・摂津市の関大北陽グラウンドで、新基準金属バットの実打撃試験を実施した。年内か年明けに「飛ばないバット」の基準を定め、2年の猶予期間を経て、2024年からの完全移行を目指す。

 木製バット、一般的な現行バット、米国基準の基本バットに加え、打球部の肉厚が3・8~4・4ミリと異なる4種類の新規試作バット(直径は従来より3ミリ減の64ミリ)のデータを同校の部員の協力を得て測定した。

 同校の山田悠平投手(3年)は「今まで使っていた金属バットより打球の伸びがない。はじき方が硬い。(肉厚が厚くなるにつれて)打球が飛ばなかった。振り抜きやすいバットが少なかった。木に近いので、コンパクトに振らないといけない」と違いを明かした。

 日本高野連の日下篤・技術・振興委員長は「反発を木製に近い反発に変えていかないといけない。求めていたことが数字で出た。一歩前進できた。バットの飛びが従来より悪くなる。本来の野球に戻るんじゃないか」と説明した。

 金属バットの性能見直しは、2019年夏の甲子園で、岡山学芸館の投手が打球を顔面に受けて骨折したことを機に、同年9月に投手保護や投打バランス均衡の観点などから着手した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×