【西武】17試合連続無失点中だった水上由伸がプロ初失点「次回からは抑えられるようにやっていきたい」

水上由伸
水上由伸

◆パ・リーグ 楽天―西武(5日・楽天生命パーク)

 デビューから17試合連続無失点中だった西武のルーキー・水上由伸投手が、プロ初失点を喫し、連続無失点記録が止まった。

 4回1死一、三塁から、先発・渡辺にかわって2番手で登板した。小深田のセーフティースクイズで三塁走者が生還(記録は渡辺の失点)。2死二塁から島内を四球で出塁させて、なおも一、二塁の場面で、茂木に143キロ直球を左翼へ運ばれた。左翼の栗山が打球を後逸する間に、自らが出した一塁走者も生還。失点が記録され、連続無失点記録は17でストップした。

 広島・栗林が持つプロ野球新人記録の22試合には届かなかった。「(記録は止まったが)次回からは0に抑えることができるようにやっていきたいです。それよりも(渡辺)勇太朗の失点を増やしてしまったのが申し訳ないです」と振り返った。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請